頬のたるみ

0
    最近実年齢相応に見られるようになったとか、それより年上に見られるようになったという人は、もしかすると頬がたるみ始めているのかもしれません。

    自分の頬に変化があるかどうかは、簡単にチェックすることができます。まず鏡を用意して、仰向けになっているときの自分の顔を見てみましょう。

    次は立った状態で同じように自分の顔を見てみてください。このとき、もし立っているときに見た自分の顔のほうが老け込んで見えるのであれば、すでに頬がたるんでいる可能性が高いです。

    また顔全体のたるみも、前兆として考えられます。最近目の下の涙袋の部分が膨らんでしまってきているような気がする、また頬の弾力がなくなってしまった、顔に跡がつくと取れにくくなってしまった、それから毛穴が開いているような感じがする、こういったポイントに心当たりがある人は、頬のたるみが進んでいるかもしれません。



    目の下のたるみ

    0
      目の下が最近下がってクマが酷いように見えてしまう…という悩みはある程度の年齢になると、誰でも抱えてしまう悩みの一つですよね。

      目の下がたるんでくると、印象がかなり老け込んで見えます。

      そもそも目の下のたるみの原因は老化なので、老けてきてしまっていることには間違いないのですが、きちんとケアして肌年齢を上げれば、確実に実年齢より若く見せることができます。

      また、目の周りの皮膚はとても薄く敏感なので、体はその皮膚を守ろうとして、そこに脂肪がついていきます。

      脂肪がどんどん溜まってしまうとその部分は重くなるわけですから、重力に従ってたるんでしまいますよね。

      これも、目の下がたるんでしまう原因なんです。



      まぶたのたるみ

      0
        なんだか最近、アイラインが引きづらい…ということはないでしょうか。

        もし引きづらいと感じているのなら、上まぶたがたるんでいるかもしれません。

        今までスッと塗れていたはずのアイラインがよれやすくなってしまったり、強く引っ張らないと書きにくくなっている人は要注意です。

        まぶた周りのたるみは、目の周りの筋肉が加齢と共に落ちてしまうことが原因で起きてしまいます。

        早い人では30代に入る前に、目の周りのたるみを感じることもあるでしょう。

        まぶたのたるみの原因となってしまうのは、元々そこにあった脂肪です。

        筋肉がしっかりしているうちはこの脂肪は抑えられているのですが、筋肉が落ちてしまうことで脂肪が前に出てきてしまい、たるみになってしまいます。

        また、加齢によって肌のハリがなくなっていることも要因の一つです。

        特に乾燥肌の人は注意してください。

        何故かというと、目の周りというのは皮脂が分泌されにくいので乾燥しやすいのです。

        乾燥して必要な皮脂が分泌されなければ、肌には悪影響で、どんどんハリが失われていきます。

        目の周りが乾燥しているなと感じるのであれば、アイクリームを使ってしっかり潤いを与えてあげましょう。

        顔の筋肉の中でも、目の周りというのはかなりよく動いている部分です。

        しっかりとケアしないと、シワの原因にもなってしまいます。

        目の周りの皮膚は元々他の部分に比べるとかなり薄く、ダメージを受けやすいです。

        まだたるんでいないと思えるうちから、気をつけてあげるとたるみも予防できるでしょう。

        フォトフェイシャル

        0
          IPLという言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近は脱毛エステも流行していますが、脱毛エステの多くで使われているのはIPLという光です。

          光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれています。脱毛サロンではこのIPLを使うことで、脱毛箇所の肌がキレイになっていくと言われています。

          決めの細かい肌を光によって再生することができるのです。

          このIPLをたるみ対策に使ったのが、フォトフェイシャルです。光を当てることで、体内でのコラーゲンの再生を促すことができます。たるみ以外の肌の悩みにも効果的です。

          フォトフェイシャルで使われる光は、レーザーよりも出力が低いものですから、肌に刺激が少なく、痛みを感じることも大半の人にはないと思います。また、施術時間が短いのも特徴です。

          少し熱を帯びるようなことはありますが、炎症を起こしたりする心配がないため、施術後もそのまま生活することができます。

          ただ施術後は、紫外線に反応しやすい肌になってしまうため、紫外線対策をしっかりと行っていく必要があります。紫外線対策といっても、女性なら普段から行っているような日焼け止めを使ってのケアになります。

          フォトフェイシャルはレーザーよりも安価ですから、利用もしやすいと思います。

          コラーゲンを生成するので、たるみの改善には効果があると言われていますが、残念ながらほうれい線などには効果があまり見られないようです。

          フォトフェイシャルは現在は病院や美容外科で行われています。比較的安価なケアだと言えるでしょう。

          ハンドマッサージ

          0
            たるみ対策として今すぐにでも始められるものに、自分で行うハンドマッサージがあります。

            マッサージを行うと滞っているリンパや血液の流れが良くなり、皮膚の下にある老廃物を排出することがスムーズに行われるようになります。

            老廃物が溜まっていると、肌がむくんでしまったり、脂肪がついてしまったりしますし、もちろんたるみも生じます。

            ただ気をつけたいのがむやみに肌を触ればいいということではないことです。肌をむやみに触ると表情筋の筋繊維を傷つけてしまい、筋肉が皮膚を支えられなくなることでたるみが生じることもあります。正しい方法を身につけないと逆効果にもなりえるのです。



            | 1/2PAGES | >>